横浜東京のwebサイト制作│TSUKURIBE ツクリベ

横浜・東京中心にwebサイト制作しています

blog»サイト運用

blogのネタがないというクライアントに伝えているたったひとつのこと

悩む女性
写真提供:PAKUTASO

業務でblogを使ってるのだけど更新が全く止まってるクライアントに時々会います。
よく聞く理由の一つに「書くネタがない」があげられます。

どんな記事を書けばいいのか

書くネタが無いという方には、

専門職として知ってることを書いてください

そう伝えてます。

もう少し具体的に言うと、
「その道のプロとして専門的に知ってることで、
一般の方が興味を持ちそうなことを分かりやすく書いてください」

とは言え、どんな記事が一般の方にウケるのかは的確に分かるものでもないですし、
それが確実に分かるのであれば多分違う商売ができるでしょう。

なので最初は難しく考えずにとにかく書くことを始めることです。
そのうちにどんな記事がウケが良いのか、
どのように書けば良いかも身に付いてきます。

どんな記事が読まれるのか

例えば下記のような記事は人気がありますし、私も目を通しました。
どれもプロの目線で書かれた記事です。

質問に答える系も参考になります。

自分にとっては当然のように知ってる情報だとしても、
他の人にとっては価値がある情報になり得ます。

日常的なネタも

ちなみに専門的なネタだけでなく、日常の出来事を挟んでもいいです。
日常はその人となりが感じられるので、
特に接客業では効果があります。

一般的に日常的な内容がつまらないと言われるのは、
そればかりになってしまうからです。

業務ではなく個人ブログであればそれでも良いでしょう。
しかし芸能人やイケメンでも無い限り、
普通の人は他人の日常の話ばかりされても退屈します。

blogを通してどのような効果を期待したいのか、
それは常に意識しておくと良いです。

記事が注目されるために

もちろん書いただけではダメで、
それを知ってもらうことも、注目してもらうことも必要です。
それに関しては多くのブログに書かれてるので
そちらの記事が参考になるでしょう。

主に文章の書き方や記事の作り方、拡散方法を読み取ると良いでしょう。
(ブロガーを目指す訳ではないので全て実践する必要はないです)

blogを更新する効果

店舗型の商売だと例えアクセスを集めたとしても、
地元のユーザー以外は潜在顧客には当てはまらないでしょう。
北海道から横浜の美容室に通う人はいません。
ただし記事が注目されることで自然リンクを集められればSEO効果があります。
直接顧客に結びつかなくても、結果的に顧客を増やすことに繋がります。

また、公開時にはアクセスを集めなかった記事でも、
時間が経過してから検索エンジン経由でアクセス数を集めることもあります。
そのような記事が増えてリンクが集まることでこの場合でもSEO効果が上がります。

実際、爆発的に注目される記事を一回書くだけよりも、
そこそこのアクセスだけれども一定の流入のある記事を量産するほうが効果は高いです。

すぐにアクセス数を集めたい、検索順位を上げたいと思うのは私も理解できます。
宣伝費に費用をかけられるのならやりようはいくらでもありますが、
そうではないのなら、コツコツとblogを更新されてくことを勧めています。

補足

本記事は業務としてアドバイスを求められる以前の話です。
業務としてお引き受けする場合はクライアントごとに具体的な戦略を立てます。

第29回WebSig会議「効率化だけではない!中小~中堅ECサイトの成果を上げる「メディア編集力」とは」に参加してきました

先日、第29回WebSig会議『効率化だけではない!中小~中堅ECサイトの成果を上げる「メディア編集力」とは』に参加してきました。

(さらに…)

PageTop